読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miffy's blog

明日への扉を開きたい

ママも人間なの。

アメリカ生活・英語 ブログ 女性 子育て

ママ生活もそろそろ8年目になり、ようやく板についてきたところですが、私がこれまでのママ生活で全然間違っていたなぁと思うのは、スーパーママを目指してしまっていたことです。仕事も家事も子育ても私が無理をしてオーバーワークにすればすべてうまくいくと思っていたところがあります。周りも同じようなメンタリティの人が多くて、悪いとは全く思っていませんでした。

でも、私も人間で、オーバーワークを続けることも無理だし、何故子供と夫と義母を巻き込んではいけないのでしょう?かえって不健全な家庭になるだけです。

 

miffyblog.hatenablog.com

 

日本でもアメリカでも、やっぱり子育てや家事はマルタイタスキングが得意なママがかぶってしまいやすいため、どうしてもすべてを回していくためにママが働きすぎてしまう傾向があります。子供たちを学校に迎えに行って、子供たち(5歳以上)の荷物をママが代わりに背負っている家庭がたくさんあります(日本人だけでなく)。そういう姿を見て、ママってそんなに犠牲にならなくてもいいのではと思うのです。

古い世代は、ママが全部して当たり前でそれで子供がお礼を言わなくても当然だったのかもしれませんが、私はママも人間だということを子供の時からしっかり教えておかないと、子供たちが大人になった時に、自分は楽をして、女性にいつも無理を強いることになってしまいかねません。

それで、日本人女性と結婚すると楽とか、大和なでしこだとか献身的だとかそういうのはどうかとおもってしまいます。男の人が楽をするための犠牲というのは犠牲ではなく、sexism(性差別)だと思うのです。

私はつい最近子供の散髪をしていた時に、腰をひねって、まだ40代前半にもかかわらず痛みがなかなか治まらずに何をするにも痛たたた!!!と言っていたら、子供がママがいつものペースで動けないことを知って、びっくりしていました。

ママも人間なの。

だから、夫にも、今までは無理して自分だけでしていたことも、出来ないと言います。夫に腰が痛くて掃除機が出来ないからしてくれと頼みました。義母に頼まれた買い物も、車から家まで自分で運んでもらいました。今まではどんなに忙しくても自分でしていましたが、運動不足で病気が悪化している彼女にとって、もっと動いた方がいいはずです。

そんなことも私にとってはまだ小さな一歩ですが、これからはあまり完璧なふりをするのをやめて、人間らしく生きたいと思います。

 

miffyblog.hatenablog.com