miffy's blog

明日への扉を開きたい

goodie bagの中身はこれに決定

もうすぐ上の子の誕生日で、誕生日当日にはgoodie bagと呼ばれる、小さな袋にお菓子やおもちゃを詰めたものを親が用意しておいて、先生からクラスメートに配ってもらうというのが一般的なのですが(今まで3つの学校に通いましたが、どこでも同じでした)、goodie bagの中身は一般的にジャンクなお菓子とプラスチックのゴミになりそうなおもちゃか鉛筆などの文具という場合がほとんどです。鉛筆だったらまだいいですが、そのほかは全部環境にも体にも悪い!

私はこれまではgoodie bagにはお菓子だけを入れてきたのですが、それだけだとあまり面白くないのでピンタレストでいろいろ探していたら、これ!というのがありました。今年はこれに決定です。

pinkandgreenmama.blogspot.ca

今までお誕生日会で、トイレットペーパーの芯を使ったパーティーフェーバー(お誕生会に来てくれた人へのお礼のプレゼント)を何度も作ったことがあるのでかなり慣れているし、私でも出来そうです。トイレットペーパーのクラフトのいいところは、

  • 材料が簡単に手に入る。
  • 応用がきいて、ほぼ何でも作れる。
  • あまり貧乏臭く見えない。
  • クラフトをもらった子供たちは非常に気に入って、プラスチックのおもちゃよりも大切にしてくれる。

前にトイレットペーパーの芯でバースデーハットと時計を作ったことがあったのですが、それは子供の友達の家で一年後もしっかり捨てずに大切に保管されていました。あまり出来栄えもよくなかったので少し恥ずかしかったです。もっと丁寧に作ればよかったと反省。今回はまだ時間もあるから丁寧に作ります。