miffy's blog

明日への扉を開きたい

day 9 (ご馳走はアップルソース)

ご無沙汰しています。親知らず抜歯から1週間経過しました。いろいろご心配下さりありがとうございます。おかげさまで順調に回復しております。同じような経験をされる方がいるかもしれないので、ご参考までに少しだけこの一週間どんな様子だったかをお知らせすると、

day 1 抜歯自体は2分で完了。あまりにスムーズだったので、担当医(oral surgeon)の腕にただただ感心するばかり。

day 2~6 40代ということで、回復が遅め。もともと歯茎がすでに弱いので抜歯は体への負担も大きく、回復にエネルギーを消耗していました。やっぱり無理が全く出来ませんでした。食欲もあまりなく、かなり痩せました。

day 7 ようやくおかゆやヨーグルトなどのやわらかい食事から少しだけ固いものも摂れるように。

day 8 抜糸。先生には順調に回復していますと言われて安心して普通の食事に戻したらやっぱり歯への負担が大きすぎてまだ無理でした。今の私にはやっぱりアップルソース(りんごのベビーフードのようなもの)が一番のご馳走です。。。

いろいろネットで調べたところ、アメリカでは通常親知らずを30代くらいまでに予防的に4本抜いてしまうことが多いのですが、一方で

  • 抜歯に伴うストレス緩和のための笑気ガスや静脈麻酔などの医療ミスで亡くなる人も多い。
  • たくさん抜けば抜くほど医者が儲かる仕組みになっているので、医者からは何も問題がないのに4本抜くことを勧められやすい。

よって、虫歯など本当に問題があるとき以外はあまり抜かない方がいいようです。私の場合は虫歯が抜歯の理由だったのですが、40代はリスクが高く、幸い医者には1本以上の抜歯は勧められませんでした。

そんなわけで、まだまだ本調子ではありませんが、少しずつよくなってきていますので、またアップルソースを卒業できたらブログも更新したいと思います。